お問い合わせはこちら 特設サイトはこちら

【仙台】塗装屋に相談!外壁塗装・屋根塗装が必要な理由

【仙台】塗装屋に相談!外壁塗装・屋根塗装が必要な理由

2020/11/10

家の外壁や屋根に使用されている素材は、それ自体に防水性があるわけではありません。塗装を施すことで膜を作り、雨水や紫外線、氷結などから家を守ります。外壁や屋根の塗膜は環境によるダメージによって年々劣化するため、定期的な塗り替えが必要です。

こちらでは、外壁塗装・屋根塗装が必要な理由や理想的な塗り替え時期を紹介します。仙台で外壁塗装・屋根塗装をお考えなら、仙台の塗装屋・ 株式会社八大までお問い合わせください。

そもそも外壁塗装・屋根塗装はなぜ必要?

並んだ住宅地

家の外壁塗装・屋根塗装が必要な主な理由として、次の3つが挙げられます。

雨風から家を守るため

屋外に建てられた住まいは、雨風や雪、夏の強い紫外線に晒され、常にダメージを受けている状態です。ダメージを受けた家は、外壁や屋根の塗装が剥がれ、年月を重ねるごとに劣化していきます。劣化した外壁や壁や屋根からは雨漏りが発生し、室内の壁紙や木製サッシ、柱などを腐食させ、家の寿命を短くする原因となります。

外壁や屋根は塗装を施すことで、室内への雨水の浸入を防いでいます。塗装のメンテナンスは定期的に行い、住まいのメンテナンスを行いましょう。

新築のような美観を取り戻す

外壁や屋根の劣化が住まいの保護機能を低下させるだけでなく、外観にも大きな影響を与えます。洗浄では落ちない汚れ、色あせなどは、塗装を施すことで新築同様の美しさを取り戻せます。また、外壁を元の色とは異なる色に塗り替えれば、住まいの印象を大きく変えることも可能です。

家の資産価値を維持する

定期的な塗装メンテナンスは住まいの劣化を防ぎ、「長く住み続けられる家」として、資産価値を維持する意味でも大変重要です。

例えば、同じ築年数・坪数の物件が2つあったとします。「定期的なメンテナンスが施された家」と、「建てっぱなしで何もしていない家」という物件情報を並べられたとき、どちらを購入したいと思うでしょうか。当然、外壁や屋根の塗り替えが施された家のほうが長く快適に住める期間が長く、購入後のメンテナンス費用も安く済むでしょう。

中古であってもきちんとお手入れされた家は買い手が付きやすいため、放置された家よりも資産価値が高いということになります。

宮城県仙台市近郊で外壁塗装・屋根塗装を検討中の方は、仙台の頼れる塗装屋・株式会社八大までお問い合わせください。無料見積り・現地調査にも対応しております。外壁の色あせやシーリングの劣化など、塗装に関するお悩みについて、お気軽にご相談ください。

理想的な塗り替え時期 外壁塗装・屋根塗装なら株式会社八大にお任せ

外壁部分

外壁塗装・屋根塗装を考えたとき、「どれくらいの周期で行えばいいのか」とお悩みの方もいることでしょう。外壁塗装・屋根塗装の理想的な時期は、木や鉄が使用されている部位は3年、外壁は8年と言われています。これは、新築であっても同様です。

外壁は、塗膜の下の素材が劣化してしまうと塗り替えだけでは補修できず、高い修繕費用がかかってしまう場合があります。素材が劣化する前にきちんと塗り替えを施し、住まいをダメージから守りましょう。

また、住まいが置かれている環境によって劣化の進行が異なるため、塗り替えのタイミングも変わってきます。外壁の状態をこまめにチェックし、次のような劣化が見られるときは、信頼できる塗装屋さんに相談してみましょう。

  • 色あせや汚れが目立つ
  • 苔やカビが増えてきた
  • ひびがある
  • サビが出てきた
  • 木材部分の塗膜が剥がれている

株式会社八大は、外壁塗装・屋根塗装・防水工事などを行っている仙台の塗装屋です。地域に根付いたサービスを心がけ、完全自社責任による施工を行っております。現地調査、お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

仙台で外壁塗装・屋根塗装をお考えなら塗装屋・株式会社八大に依頼を

外壁や屋根は環境によるダメージや経年で塗膜が剥がれ、放置していると雨漏れの原因となります。住まいの劣化を防ぐためには、定期的な塗り替えが必要です。外壁であれば、最低でも8年を目安にメンテナンスしましょう。また、外壁や屋根はこまめに確認作業を行い、気になるところがあれば、早めに塗装屋に相談することが大切です。

仙台の塗装屋・株式会社八大では、仙台市内を中心に外壁塗装や屋根塗装を行っております。雨漏りでお悩みの方、定期メンテナンスを目的とした塗り替えをお考えの方は、お気軽にご相談くさい。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。