防水工事と塗装工事の違いってなに?

お問い合わせはこちら 特設サイトはこちら

防水工事と塗装工事の違いってなに?

防水工事と塗装工事の違いってなに?

2021/10/01

防水工事と塗装工事は混同されがちですが、目的がそれぞれ異なります。
今回は、防水工事と塗装工事の違いについてご紹介しようと思います。

防水工事と塗装工事の違い

防水工事とは、防水性の高いシートを貼ったり、防水層を作ったりする工事です。
防水工事の目的は文字通り、建物内に水が入らないよう防水することになります。

塗装工事とは、建物の壁や床に塗料を塗っていく工事です。
塗装工事の目的は、建物の見た目を良くしたり、建物を雨風から守ったりすることになります。
防水はあくまでもついでくらいの立ち位置なので、塗装工事では防水ができないことがあります。

防水の重要性

防水対策を十分に行わないと、建物内に雨水などがしみ込んでしまうことがあります。
建物内に水がしみると、雨漏りやカビ、腐食、シロアリの発生などの原因になってしまうのです。
こうした防水対策を行いたいときに、塗装工事を頼んでしまうと防水対策に効果がないことがあります。

塗装の重要性

定期的に塗装工事を行うことによって、見た目が良い状態を維持できるだけでなく、家の機能の長持ちにも繋がります。
塗装が不十分な状態が長く続くと、家の壁やベランダの床などの劣化スピードが早まってしまうのです。

まとめ

この記事では、防水工事と塗装工事の違いとそれぞれの重要性についてご紹介しました。
それぞれ目的が異なるので、必要に応じて選択するようにしましょう。

また株式会社八大は、仙台で塗装屋を営業しております。
小さな会社なので時間がかかってしまうこともありますが、こだわりを持った質の高いサービスを提供しております。
対象地域でしたら無料で出張見積もりと現地調査をいたしますので、外壁に関してお悩みでしたらお気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。