リノベーションとリフォームの違いについて

お問い合わせはこちら 特設サイトはこちら

リノベーションとリフォームの違いについて

リノベーションとリフォームの違いについて

2021/09/15

今回は、リノベーションとリフォームの違いについてまとめていきたいと思います。

リノベーションとリフォームの違いについて

リノベーションとは、住宅などに大掛かりな工事を行い、住まいの性能を向上させたり、住宅の価値を高めたりすることを指します。
例えば、結婚や出産で家族の人数が増えたことで、部屋の間取りを変え、前よりも広々としたリビングに変更したり、キッチンやお風呂を、より機能性の高いものに変更することなどがリノベーションに該当します。
これに対し、古くなった建物の、壊れた部分を修理することをリフォームと言います。

リノベーションの魅力について

リノベーションの魅力は、ライフスタイルに合わせた理想の住居空間を作ることができ、同時に建物の価値を高めることができるところです。
中古マンションや中古住宅をリノベーションするケースでは、選べるエリアと物件数が多いことや、新築よりも低コストで済むというメリットもあります。

リフォームの魅力について

リフォームの魅力は何といっても、家族が住み慣れた家の雰囲気をそのまま残せるという点です。
リノベーションなどの大掛かりな工事の場合、もともとの家の外観や内観はほとんど変わってしまいます。
しかしリフォームであれば、老朽化によって壊れた箇所だけを修理するので、家の見た目や、住み心地などはあまり変わりません。

まとめ

「リフォーム」と「リノベーション」は、似たような意味で使われることが多いですが、工事内容に関しては大きな違いがあります。
仙台市にある株式会社八大では、集合住宅や戸建ての外装に関するリフォームを承っております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。